インターネット回線の選択方法や価格について

昨今はインターネット接続方法も多様化しています。
モバイル回線、固定回線もそれぞれのメリットがあり、
モバイル回線も固定回線の需要をどうとっていくかというステージになりつつあります。

 

 

そもそもこの市場環境になったのはモバイル回線の安定化、
さらには高速化が大きく進んだためです。
3GからLTE、このLTEのレベルになれば、
高画質の動画配信にも十分対応できるようになるわけです。

 

もちろん、モバイル回線の場合は携帯端末であれ、
モバイルルーターであれ使い放題というプランがインフラ投資の問題からも難しいところです。

 

 

しかしながら、今の日本人のインターネット市場環境では
それほど大量のデータ通信を行う比率は低いものであり、
毎月のデータ通信料が10G以内で収まることがほとんどです。

 

 

ここまで述べてきた事によって、これまでの光インターネットや
ケーブルテレビ回線とモバイルインターネットの競合関係が
激しくなっていることがわかると思います。
速度の目安やプロバイダの比較などを確認するのも重要です。

 

 

都心の一人暮らしとなるとわざわざ自宅でしか使えない固定回線のインターネットではなく、
モバイルインターネットで屋内、屋外ともに賄おうとするのがよくわかると思います。

 

もちろん、固定網についても固定網の契約に加えてWimaxの追加契約で付加価値を付けたり、
公衆無線LANのプランを付けることなども工夫を凝らしています。

 

これからも固定通信と移動通信のインターネットのデータ利用の争いは継続していくと思われます。
ですから、戸建て住宅に引越しをする際に割引などしてくれるプロバイダを選び、
工事費用なども格安で行ってもらい、価格を抑えることも一つの手ですね。